ホーム コミュニケーション

コミュニケーション

メールでの一斉送信が非効率… 離れた店舗間でもやりとりしたい… もっと明るいコミュニケーションを活性化させたい… そうした理由から、現在社内SNSを検討する企業が増えています。 2017年には、ビジネスチャットツールを導入し...
近年、社内イベントの重要性が見直されており、大企業をはじめ多くの企業で、業務とは別に社員が参加できるイベントを実施しています。 2014年に行われた調査によると、社内イベントを直近10年間で見直した企業の割合は45.1%でし...
あなたの会社に「社内報」はありますか? その社内報は、社員に読まれていますか? 惰性で刊行され続けている社内報に目新しい情報はなく、机に放置されたり捨てられてはいないでしょうか。 またはWeb社内報を導入したは良いものの、誰...
社内コミュニケーションを活性化させたいと思いつつ、コミュニケーションをどう活性化させればいいのか、その手段や手法に頭を悩ませていませんか。 2017年9月に実施された、【HR総研】社内コミュニケーションに関する調査によると、...
あなたの会社は、満足にコミュニケーションが取れていると感じますか? 同じ場所で仕事をしていても普段何をしているかわからない人はいないでしょうか。 新入社員は自分のやりたいことを上司へ伝えることが出来ているでしょうか。 社員の...
社内での業務を円滑に進行させるには、社員同士の情報共有が重要です。 しかし、何かと手間がかかるため面倒に感じる行為でもあるのが現状です。 どれだけ情報共有を心がけていても、ただ慣習的に行っていて本当の重要性を理解していない人...
社内コミュニケーションのさまざまなツールが開発されている昨今ですが、昭和の時代から続く「社内掲示板」を採用し続ける企業は少なくありません。 最近では、大型ディスプレイやWEBなどの新しい技術を使った社内掲示板も登場しています...
導入企業が増えてきたWEB社内報。 紙面と違って情報伝達のスピードが迅速で、リアルタイムに情報を共有できるため現代に合ったツールとして注目され、紙面よりも低コストでの作成が可能です。 しかし、安いからといって簡単に使うと、結...
新卒で入社した部下の議事録を見て「何これ!?」「議事録も取れないの!?」と苦労する方は多いのではないでしょうか。または上司から同様の指摘を受けた経験のある若手社員の皆さんも結構いるのではないでしょうか。 かく言う私も、新卒で...
ラジオは文面では伝えられない熱量を伝えることができるので、離れた社員に情報を届ける際の有効な手段です。 熱量が伝わることで、聞き手側に対して情報を共有するだけにとどまらず、想いや考えを伝えることができます。 また社内全体に情...

Recent Posts